人物・グループ /DJ

DJ TA-SHI

ディージェーターシ

 

80年代後半に地元沖縄でDJとしてのキャリアをスタートさせてから、上京後の1992年のDMC JAPANチャンピオンをはじめ、数々の賞を総なめにしてきた DJ TA-SHI。バトル引退後もVESTAXなどの国内外の主なDJ Battle審査員や12年間東京アナウンス学院のDJ講師を務め、沢山の優秀なターンテーブリストをジャッジ、指導しシーンの発展、人材育成にも貢献している。 自身で企画、構成した、日本のDJ史の中で最も有名であろうHOW TO DJ DVDの "マストテクニック25"は1万本を超えるDVDとしては異例のセールスを記録。歴史に残る名作と各方面で大絶賛を受けたサンプリングネタを独自のスタイルでMIXした"VINYL MUNCHIEZ"シリーズをはじめ過去にリリースしたMIX CD、TAPEは斬新なコンセプトと高いクオリティーで未だに探し続けているファンも多いほどレアアイテムとなっている。

メジャーレーベルからの依頼も後を絶たず、特にMISIAは98年以降の全国ツアーにDJとして参加し、伝説となっている2003年の全国5大ドームツアーでの6台のターンテーブルを使った 超人的なルーティーンで会場を沸かすなど、MISIAからの信頼も厚く10年間専属DJとしてLIVEに参加。もちろんクラブDJとしても全国各地のクラブに招かれ飛び回る日々を 15年以上に渡って行なっており、過去に数百件以上のクラブでプレイし、今まで数十万人以上の人々を確実にROCKし衝撃を与えてきた。そして親交のあるQ-BERTや、来日時にたまたま見た彼のプレイを認め急遽ツアーに同行させたDR.DREをはじめ世界を代表するアーティストたちと競演し伝説を残してきた。そのスキルの高さとセンス は日本だけではなく、海外でも高い評価を受け台湾、シンガポール、中国などアジアを中心に世界中からプロップスとオファーを受けている。
そして最近ではDJツールや音源の急速なデジタル化が進み多くのDJがSCRATCH LIVEなど新たなツールを導入する中、映像と音でDJ PLAYを行ない、聴覚だけでなく視覚を刺激し、 DJ,CLUBへのさらなる可能性を提示するツール" Video SL"を誰よりも早く導入し、その特性を生かし日本全国や世界各地でPLAYし衝撃を与え、第一人者として大きな話題を呼んでいる。 そのスタイルは豊富な知識とキャリア21年からなるパーフェクトスキルでジャンルを超えたプレイスタイルは唯一無二。得意のヒップホップの元ネタからのミックスを始め2枚使い、 スクラッチ、ミキシング、ブレンド、クイックミックス、そして堀り師としての一面からVideo SLなど最新のスタイルをいち早く導入する一面やどんなジャンルの音でもHIP HOPに聴かせてしまうというヒップホップDJに必要な要素を全て満たし、その神業といわれるPLAYで100%お客さんをROCKしてきた神がかり的空間はぜひ体験するべきであろう。 男女、世代、国籍を超え多くの人々に支持を受け、世界各国でBEST OF JAPANESE DJ、WORLD FAMOUS JAPANESE DJとして真っ先にあがってくる名が"DJ TA-SHI" なのである。
詳細情報はこちら
Copyright © 2010-2017 MKcreators.Inc All Rights Reserved.