• 音楽・芸能
  • ライブ
新潟市

いわむロックフェスティバル2021

いわむロックフェスティバル2021 新潟市岩室観光施設いわむろや 新潟県 音楽 フェス 2021

時間

イベント価格

料金 企業プレスリリース詳細確認

イベント詳細

開催日 2021年10月23日(土)
エリア 新潟・新潟市
カテゴリ 音楽・芸能
ジャンル ライブ
最低料金 公式サイト参照
規模 -人
会場名 新潟市岩室観光施設いわむろや
会場電話 -
会場住所 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉96-1
会場URL
注意事項 ※詳細は公式ページを御確認ください
いわむロックフェスティバル2021 新潟市岩室観光施設いわむろや 新潟県 音楽 フェス 2021
いわむロックフェスティバル2021 新潟市岩室観光施設いわむろや 新潟県 音楽 フェス 2021
いわむロックフェスティバル2021 新潟市岩室観光施設いわむろや 新潟県 音楽 フェス 2021

イベント情報

いわむロックFESTIVAL2021
10時オープン
10時30分スタート
17時クローズ

いわむロックフェスティバル
いわむロックFESTIVALは音楽を軸にクリエイティブやフードカルチャーが集う野外イベントです。
岩室温泉郷のゆったりしたシチュエーションで、秋の1日をお楽しみください。

日常のすぐ近くにあるリゾートエリア・岩室周辺の魅力を再発見できます。

【アーティスト】
乙川ともこ & 青木慶則
新潟県新潟市の旧亀田町で生まれ育った乙川ともこ(ex.Otto)と、彼女のレーベルオーナーでもある青木慶則(ex.HARCO)。この日はふたりのシンガーソングライターによるライブをお送りします!最新オリジナルアルバムは「元気で過ごしてますか?」(乙川ともこ)、「Flying Hospital」(青木慶則)。

倉品翔(GOOD BYE APRIL)
長野県佐久市出身。20歳でGOOD BYE APRIL結成。昨年10周年イヤーにリリースした3rd Full Album "Xanadu" は、ニューミュージックとシティポップの新たな金字塔として各方面で話題となった。もうすぐ丸7年を迎える自身のラジオ番組をはじめ、アレンジや楽曲提供、劇伴作曲等多岐にわたり活動中。

駒音
駒音(こまおと)。新潟県出身のシンガーソングライター。2018年から活動を開始。お米好きとは大体友達。ギターと歌で懐かしい記憶を色鮮やかに取り戻す。現在4枚のCDを発売中。自主制作のグッズも各種発売中。サブスク配信曲あり。

後藤貴光
新潟県燕市出身燕市在住。新潟の3ピースバンド FOOT STAMPのボーカルギターを担当 1997年結成、2003年バップよりメジャーデビュー。翌年サマーソニック大阪にオープニングアクトで出演。2010年 子育てをしながら約10年間音楽活動から身を引く。2020年 新型コロナの自粛期間に何か出来ることから始めようと思い、弾き語りの動画をSNSにて配信。FMPORT6月閉局前に遠藤麻理「モーニングゲート」にゲスト出演し、大きな反響を得る。マイペースながら、世の中と周りの人を元気にするべく音楽活動を再開し、歌を発信している。2021年はバンドでの活動も再開した。

key:
新潟県を拠点に活動中のシンガー。誰もが感じたことのある劣等感や焦燥感。悲しいも苦しいも楽しいも幸せも、すべて私が言葉にする。わたしの存在証明があなたの存在証明になりますように。小説を語るように歌います。

岩船ひろき
埼玉出身のシンガーソングライター、唄う書家。埼玉を拠点に、東京・新潟・福島・仙台を中心に活動中。地元ラジオ局87.3FM REDS WAVEでレギュラー番組、TeNYテレビ新潟のマスコットキャラクター「てっと君」のテーマソングを担当。2020年「いわむロック」をイメージした楽曲「螢火」を発表。

もりきこ
横浜市鶴見区出身のヴィンテージロックデュオ。 今夏結成23周年を迎えて、新譜を携えて全国ツアーを展開中。

AZUSA
新潟出身のシンガーソングライター。コンセプトは『あなたに「大丈夫」をあげる音楽』。 高校卒業後アメリカに音楽留学。 帰国後、地元を拠点にキーボード弾き語りでライブ活動を始める。 ミニアルバム「POP AVENUE」収録曲は新潟のテレビドラマ挿入歌や、ラジオCMにも起用。 2019年新潟クラブリバーストにて初のワンマンライブ開催。 2020年アーティスト名を『AZUSA』に改名し、同時にギターでの弾き語りも始める。 言葉を大切にし、心に癒しを与えるアーティストでいられる様、日々精進中。

伊津創汰
優しさと芯の強さを併せ持ったハスキートーンボイスが魅力の「曲を創ってうたう」新潟出身のシンガーソングライター。 全国レベルの超新星として注目を集めつつあり、新人発掘レーベル"Eggs"より発信中。地元新潟と東京を拠点に活動している。 聴く人に寄り添い様々な感情を共有できる良曲の数々はぜひライブでも堪能したい。

鈴木恵TRIO
新潟で結成された70年代西海岸系グッドミュージックをルーツに持つコーラスグループ。鈴木は自身のグループと併行して、アイドルグループ「RYUTist」への楽曲提供やアートディレクター「大塚いちお」氏との共同楽曲制作、長野・松本ラジオ番組へのマンスリー出演やジングル制作など制作の分野でも県内外で幅広い活動を展開中。

市川 淳之介
歌とギターと役者とカレー。 自身が主催する弾き語りイベント「月一歌会」は今年で12年目、第140回を迎える。 また音楽活動と並行して舞台役者としても活躍。 普段は三条市にあるカレーキッチンPandoraの代表を務め、スパイスカレーを提供する日々を送っている。

田村徳幸
新潟市出身のシンガーソングライター。日常の中にある大切な風景を、アコースティックギターの音色にのせて、優しく温かく歌う。一音一音丁寧なアルペジオと、ビブラートを活かしながら、BARやCAFEのライブイベント等、新潟市を中心に活動中。

小野雄大
1990年7月9日生まれ、新潟県新潟市出身。 2020年6月に初めての全国流通盤「素粒子たち」を発売。 2020年スガシカオツアーオープニングアクト選出。映画館でのイベント開催やCMや楽曲提供など活動の幅を広げている。

figbash & the Sketchy friends
figbash[Gt/Vo], ke_zoku[Gt/Syn], Fumiya Yamazawa[Ba], Yusaku Higuchi[Dr]の4人で主に活動している。繰り返される日常における掴み所のない些細な心情、無常感、それらをノスタルジックなスパイスを添えて音楽で表現する。 10月31日に配信限定シングル「Rainbow Dream」「我々は何者か?」の2枚をリリース。

佐野BECK
【U23オーディション選出】
今年4月より新潟で活動開始。4年間北海道の大学に行き、コロナ禍でバンド活動ができなくなり、弾き語りを始める。バンドの経験を生かした曲構成がドラマチックであり、声量のある歌声と、人間くさい言葉で人の心を裸にする。 この日は、素っ裸なパンクロックをお送りします。

Ren_Matsuda
【U23オーディション選出】
新潟市の田園のど真ん中で生まれ育った現役高校生音楽家。2005年生まれ。11歳で作曲を始める。弾き語りだけでなく、EDMや弦楽などを大胆に融合させた新世代音楽が特徴。高校生ならではの歌詞や世界観、エンターテインメントと芸術を昇華させたキャッチーな音楽から目を離すな。


■公式サイト / 関連SNS
https://iwamurockfestival.com/

※詳細は公式サイトを御確認ください。

■マナーについて
・公式サイトの情報を良く確認した後、イベントへ参加しましょう。
・イベント参加後は、原則としてイベントスタッフの指示に従いましょう。
・公式発表を待てない時、むやみにお問い合わせをするのは控えましょう。

過去に開催されたイベントレポート

「STAR ISLAND 2019」スターアイランドの感想と評判を含めてレポート

「STAR ISLAND 2019」スターアイランドの感想と評判を含めてレポート

日本の伝統文化でもある「花火」を後世に残していきたい。 伝統を守るだけではなく、世界へ、そして未来へ繋げていくことにチャレンジしています。 STAR ISLANDは、「花火」と、最新テクノロジー×パフォーマン...

続きを見る

友達にオススメ、共有しよう

メールで友達に教える Check

「イベントを無料投稿できるサイト」という性質上、イベント内容、企画情報、画像内容は保証されませんので、必ず事前にご確認の上、ご参加ください。イベント内容でのご不明点は直接イベント主催様にお問い合わせください。なお、情報の誤り等を発見した場合は、「お問い合わせ」ボタンよりご連絡ください。 □詳細はこちら

最近見たイベント

Copyright © 2010-2021 MKcreators.Inc All Rights Reserved.