地域・エリア /ケイキュウカワサキエキ
神奈川/川崎・武蔵小杉・溝の口
044-233-5050

京急川崎駅(けいきゅうかわさきえき) エリア / ランチ・ホテル・電話番号

ケイキュウカワサキエキエリア

MAP 川崎市川崎区砂子1丁目3番地1 京急川崎駅

けいきゅう かわさき
Keikyū Kawasaki
所在地 川崎市川崎区砂子1丁目3番地1
西口からヨドバシアウトレットに行けます。
明治35年9月1日、六郷橋~川崎間を延長し開業した。当初の駅名は「川崎」であったが、大正14年11月、「京浜川崎」と改称し、さらに昭和62年6月1日、現在の「京急川崎」となった。京急川崎が始発駅である大師線は、当社の前身である大師電気鉄道(株)が明治32年1月、六郷橋~大師間を開通したが約3年半後に川崎まで延長し、昭和19年6月に川崎大師~産業道路間を、さらに昭和19年10月、産業道路~入江崎間、翌20年1月、入江崎~桜本間を開業した。しかし昭和26年3月、桜本~塩浜間を、同39年3月、小島新田~塩浜間をそれぞれ休止し、現在の路線となっている。昭和30年6月、当社初の乗車券自動販売機を品川と京浜川崎に設置した。また、乗車券センターを同47年6月にオープンした。駅付近の連続立体化工事と駅の改良工事は、昭和41年12月10日に完成し、本線は高架線となり、大師線も新ホームの使用を開始し現在に至っている。

【所在地】川崎市川崎区砂子1-3-1

--

京急川崎駅(けいきゅうかわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目にある、京浜急行電鉄の駅である。駅番号はKK20。
当駅は二層構造になっており、1階は改札口および大師線のホームが、2階に本線のホームがある。
大師線:2面2線の頭端式ホームとなっており、1 - 3番線を使用する。2・3番線は同一線路、2番線は降車専用。通常は3番線のみ使用している。これらのホームでは駅自動放送が使用されている。ただし、正月三が日に川崎大師への初詣客で混雑する場合は、1番線を使用するほか、乗り換えの利便性を図るため、3番線を降車専用とし、2番線を乗車ホームとする場合がある。そのため、2番線ホームの「降車専用ホーム」の案内板は、「乗車専用ホーム」と表示が変えられるようになっている。

電話番号は044-233-5050

詳細情報はこちら

近くで開催されるイベント

Copyright © 2010-2019 MKcreators.Inc All Rights Reserved.