イベントレポート&参加者の口コミ・感想

富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催

2021年12月18日(土)
富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催
富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催
富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催
富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催
富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催

富士山花火実行委員会は、2021年12月18日(土)に第一回「富士山花火」を開催しました。当日は天気に恵まれ、冠雪の富士山を約5,000発の花火が彩りました。氷点下の中で行われた花火大会でしたが、国内屈指の花火師が集結した花火大会と富士山のコラボレーションに感動の声が集まりました。

「富士山花火」について
本花火大会の舞台は、世界遺産であり、日本最大の文化資源である「富士山」。観覧エリアは静岡県裾野市、富士山南麓二合目にある「遊園地ぐりんぱ」で行われました。
花火の製作は、静岡県が誇る国内屈指の花火企業イケブンに加えて、多数の優勝/受賞歴を持ち名実ともに国内最高峰の花火企業である野村花火工業、驚愕の演出で観客を魅了する片貝煙火工業が担当。雪化粧の富士山を背景に大輪の花火が開く、他に類を見ない大迫力の花火大会となりました。
本大会は広大な敷地内にソーシャルディスタンスを十分に確保した限定約4,500席で開催。観覧エリアが遊園地であることを生かした鑑賞チケットや、自家用車から花火を観覧できるドライブイン花火のチケットなど、人との接触を最小限に抑えたプランを用意しました。安心して花火をお楽しみいただける、withコロナ時代の新しい形の花火大会となりました。
本花火大会は、富士山を囲む各市町村と連携し、毎年リレー形式での開催を目指します。来年度以降は富士山を囲む山梨・静岡の各市町村を巡ります。

 
第一回「富士山花火」の様子
当日は全国的に寒波に見舞われた日でしたが、満月に近い日で会場は気持ちのいい晴れ。澄んだ冬の空気に雪化粧の富士山が映える天気でした。お客さまが会場に入場すると、キャンプファイヤーで身体を温めたり、DJブースで音楽に身を任せたり、キッチンカーで温かい軽食や飲み物を購入したり、打ち上げまでの時間をそれぞれ楽しまれたようです。
富士山が夕焼けに染まる16時半頃、和太鼓の演奏から「富士山花火」のプログラムがスタート。一幕の野村花火工業の壮大な一発目が打ち上げられた瞬間、お客さまからは感嘆の声が上がりました。全六幕の構成で、音楽に合わせて花火があがるミュージック花火や、富士の霊峰に日本の安寧を願う奉納花火、大輪の10号玉が打ち上げられました。国内屈指の花火企業3社がそれぞれの持ち味を活かした美しい花火を披露しました。
会場の気温は打ち上げ前から0度を下回る極寒の花火大会となりましたが、多くのお客さまが、家族や友人、恋人など、大切な人と身を寄せ合いながら花火をご覧いただいたようです。
エキサイティングエリアからご覧になったお客様からは、真上に打ち上がる花火に「火の粉が落ちてくるかと思うくらい超至近距離で見られた」「エキサイティングの意味を知った」という声をいただきました。そのほかにも「極寒だったけど行ってよかった」「感動した」「花火を見ていると、大切な人を思い出しました」などの声が集まりました。

第一回「富士山花火」の様子
<当日のプログラム>
花火一幕|野村花火工業 一〇八の響き〜黄昏時に富士のすそ野に浮かぶ108の光〜
日没前の黄昏時に富士山のシルエットを背景に108発の花火を一発一発丁寧に打ち上げます。夜空に星がきらめく前に、祭りの始まりを告げる花火。

花火二幕|イケブン 「火」ignis「大地」terra
花火打ち上げエリア全域を使った大掛かりな花火。「火」「大地」をテーマに音楽に合わせて花火が宙を踊ります。

花火三幕|片貝煙火工業 富士の霊峰に日本の安寧を願う(奉納花火)
奉納花火で有名な片貝花火が、霊峰富士山に祈りを込めて打ち上げるスターマインは静寂の中、想いのこもった花火で富士の夜空を染め上げます。

花火四幕|イケブン 「光」lux「愛」amare
静岡が誇る花火会社イケブンが繰り広げる音と光の饗宴。「光」と「愛」をテーマに、イケブンが日本一の技巧を凝らし贈る感動の20分間。

花火五幕|野村花火工業 一つ一つの美しさが人々の心の記憶に…
明治8年より続く老舗の野村花火工業の最新の花火作品集をお届けします。本イベント最大サイズの10号花火を打ち上げます。

花火六幕|イケブン 「水」aqua「未来へ」futurum
終宴に向けて暗闇に眩く輝く花火はこれからの未来への方角を指し示すかのように。壮大なフィナーレを飾ります。

 
公式HP:http://hiroshiseo.com
Instagram:https://www.instagram.com/seo_hiroshi_
スチル撮影サポートスタッフ: 上田 龍太郎、上田 瑞子、上田 悠平、斎藤 将

転載元 PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000089964.html

開催日 2021年12月18日(土)
会場 裾野市内「遊園地ぐりんぱ」(富士山二合目に位置)
URL https://eventsearch.jp/tokai/shizuoka/numazu/370870
もっとレポートを見る

  • 週間
  • 月間
  • 年間

今後の開催予定イベント

Copyright © 2010-2022 MKcreators.Inc All Rights Reserved.